研究誌

研究誌最新号

『手話通訳問題研究』153号
『手話通訳問題研究』153号
  • 随想  百年先の笑顔へ 
                           北川 孝次   写真:高寺 志郎
  • 連載「手話この魅力あることば」ができるまで
  • 連載 あり検 事例検討マンガvol.54『ウィズコロナ』
                                 まんが:池内 のりえ
  • 連載 言の葉とりどり 第2回「敬語」
                                 三宅 えり


特集 聴覚障害のある子供たちの教育は今 1. 総論   ろう教育の変遷独立行政法人国立特別支援教育総合研究所研究企画部 総括研究員 山本 晃 2. ろう教育の立場から   ろう教育40年と今後への提唱-1980年~2020年、ろう教育をとりまく状況と変遷-全国聴覚障害教職員協議会初代会長 大阪ろう就労支援センター理事長 前田 浩 3. 大学での手話のできる教員の養成   教員養成段階における手話スキル習得の課題解決に向けて   -群馬大学日本財団手話サポーター養成プロジェクトの取り組み-群馬大学教育学部障害児教育講座 金澤 貴之 4. 幼児期からの人工内耳装用者の現状   乳幼児から人工内耳を装用して教育を受けた児童生徒の現状ろう・難聴教育研究会副会長 南村 洋子 5. 明晴学園の教育   手話で学んだ子どもたちの今-明晴学園の教育と進路- 明晴学園校長 榧 陽子 6. 全日本ろうあ連盟の考え   未来の創り手となる子どもたちに一般財団法人全日本ろうあ連盟理事 教育・文化委員会委員長 石橋 大吾
  • 特別報告 新型コロナウイルスについて 島根大学医学部 特任教授/研究誌部員 小林 裕太
  • 手話通訳者に聞く⑤ 自治体正職員の手話通訳者の働き方-先輩に聞いてみました- 全通研自治体業務・政策研究委員会
  • スポーツ最前線 スポーツは生きる力 社会福祉法人鹿児島県身体障害者福祉協会 スポーツ情報課長 前田 究
連載 ちょっと聞いてよ その20 青森支部の巻 かばんの中の1冊 ZENTSUKEN NETWORK ●のぞいてみよう支部機関紙 チャレンジ手話クロス 連載 ありのままを受け止めて vol.2 画:モケコ ハガキで話そう 編集後記

『手話通訳問題研究』は、一般社団法人国手話通訳問題研究会会員限定の機関誌で非売品です。
お読みになりたい方は、各都道府県支部または、全通研事務所までお問合せください。

研究誌