研究誌

研究誌最新号

『手話通訳問題研究』152号
『手話通訳問題研究』152号
  • グラビア 肝っ玉母さん今日もがんばる(PDF:2.93MB)髙田 昌代
  • 随想  はな子を通して動物園動物の福祉を考える 
                          成島 悦雄   写真:高寺 志郎
  • 手話この魅力あることば 134 宮下 富美子
     連続写真の各場面に対応した動画(mp4形式動画)
     1(3.86MB)  2(6.62MB)  3(3.12MB)  4(4.90MB)
     5(4.73MB)  6(3.53MB)  7(3.19MB)
  • 連載 あり検 事例検討マンガvol.53『待機中の話』
                                 まんが:池内 のりえ
  • 新連載 言の葉とりどり 第1回「言葉の使い分け」
                                 三宅 えり


特集 支援力を高める 1. 総論   「全世代型社会保障」の働き方改革-支援力を取りまく情勢と課題-立命館大学特別任用教授 峰島 厚 2. 具体的な取り組み   取材ルポ 手話+笑顔+仲間=幸せサービス付き高齢者向け住宅「ほほえみの郷」(札幌市)   施設の支援力を高めるための取り組み-全聴福研の取り組みから-
大阪聴覚障害者福祉会相談役 佐藤 修   一人一人を大切に ともに生きるふくろうまなびあい文庫編集委員 3. 全通研会員の関わり   社会資源を創出し、更に盛り上げていくために京都手話通訳問題研究会 乙訓班 4. 全通研としてのまとめ   私たちの基本的な日常活動は、支援力と密接に結びついている全通研事務局長 伊藤 正
  • 手話通訳者に聞く④自治体正職員の手話通訳者の働き方~先輩に聞いてみました~ 全通研自治体業務・政策研究委員会
  • 特別報告 手話通訳事業に先進的に取り組む自治体紹介[福島県 会津若松市]
連載 ちょっと聞いてよ その19 山梨支部の巻 手話通訳がかかわる介護保険制度の場面④利用契約の場面 全通研出版部長 加藤 貴雄 協力 京都市聴覚言語障害センター高齢福祉部有志 医療最前線 子ども虐待(マルトリートメント)は脳にどのようなダメージを与えるのか -虐待の脳科学から視得えてきた「とも育て」の重要性- 福井大学子どものこころの発達研究センター教授 友田 明美 N-Action通信⑩ ZENTSUKEN NETWORK ●のぞいてみよう支部機関紙 かばんの中の1冊 チャレンジ手話クロス 新連載 ありのままを受け止めて vol.1 画:モケコ  ハガキで話そう 編集後記

『手話通訳問題研究』は、一般社団法人国手話通訳問題研究会会員限定の機関誌で非売品です。
お読みになりたい方は、各都道府県支部または、全通研事務所までお問合せください。

研究誌