研究誌

研究誌最新号

『手話通訳問題研究』160号
『手話通訳問題研究』160号
  • グラビア あの日から11年、母の想いと共に走り続けてきた(PDF:2,690KB)佐藤尚子
  • 随想  悲しみを抱いたままでいい 安田菜津紀 写真:高寺志郎
  • 手話この魅力あることば140 齋藤繁
     連続写真の各場面に対応した動画(mp4形式動画)
     1(3.70MB)  2(2.18MB)  3(1.98MB)
     4(2.01MB)  5(2.45MB)
  • 連載 あり検 事例検討マンガVol.61『オンライン手話通訳でのとまどい』

    まんが:池内 のりえ

  • 新連載 ことばをめぐる 第1回『ことばの運用の地域差』

    津田智史(宮城教育大学教育学部准教授)

特集 ろう者の仕事
  1. 聴覚障害者の職業の変遷について
    1. イラストで見るろう者の仕事の移り変わり研究誌部
    2. 聴覚障害者の就労支援に携わって
      横田謙一(滋通研会員、元職業安定所職員、びわこみみの里職員)
  2. 聴覚障害者と労働にかかわる法律藤木和子(弁護士・手話通訳士)
  3. 新しい仕事、広がっていく仕事
    1. 聞こえない理学療法士として舩津夏帆(聴覚障害をもつ医療従事者の会(静岡県))
    2. 30代当事者公務員のツブヤキ大橋翼(日本聴覚障害者公務員会 運営委員)
    3. 聴覚障害教職員の動向と職務について木村美津子(全国聴覚障害教職員協議会 会長)
    4. カフェレストラン経営者尾中幸恵(コーヒーハウスCODA店主)
      ーお店の訪問記ー研究誌部
    5. 1人ひとりの内面をさらに豊かに今西永里
      (社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会 障害支援施設いこいの村・栗の木寮 就労継続支援B型事業所 たからの里)
  4. 就労の現状について独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
  5. 聴覚障害者の就労を巡る変遷と合理的配慮推進に向けた課題
    岩山誠(全日本ろうあ連盟・労働委員会労働専門委員)
新連載 よりよい対人援助業務をめざして第1回

伊藤美恵(NPO法人こらぼねっと京都理事長・所長)/インタビュー:研究誌部

特別報告 手話通訳事業に先進的に取り組む自治体紹介 【京都府綾部市】
N-Action通信⑯
連載 ちょっと聞いてよ その27 長崎支部の巻
カバンの中の一冊  チャレンジ手話クロス
連載 ありのままを受け止めて Vol.9 画:モケコ
ハガキで話そう
編集後記

『手話通訳問題研究』は、一般社団法人国手話通訳問題研究会会員限定の機関誌で非売品です。
お読みになりたい方は、各都道府県支部または、全通研事務所までお問合せください。

研究誌