支部紹介

北信越ブロック

ようこそ北信越ブロックへ
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井

北信越ブロック 北信越ブロックは、新潟、長野、富山、石川、福井の5県の支部から構成されていて、ブロックの会員627人(2019年3月31日現在)です。
東西に長いブロックですが、北信越ろうあ連盟と共に力を合わせて歩んでいます。北信越ブロックでは年に2回の行事を行っています。

北信越ブロック会長行脚 ~北通研って何?~

北信越ブロックでは、支部の会員の方たちに、ブロックのことをもっと身近に感じてもらおうと、各支部に西会長が行脚して、ブロックの活動や北信越ブロックに所属する他支部の紹介などを話していこうということになりました。その第一段として、今年度は、長野支部に行脚!!
それは、2018年11月25日(日)千曲市戸倉創造館で行われました。ゆるやかに蛇行する千曲川を見下ろせる素晴らしい環境の中、まだ未会員の学生から会員歴ン十年(?)のベテラン会員というとても幅広い世代を前に、初めこそ、いったいどのレベルで話をしたらよいのか戸惑いを隠せない西会長でしたが、それは長年北通研、石通研を引っ張ってこられた経験を遺憾なく発揮し、全通研、北通研、ろう運動のこと、西会長の地元石通研のことなど、丁寧に、優しい口調で話してくださいました。参加者も古い映像などを見せていただきながら、当時のご苦労なども想像し、真剣な眼差しで聞き入っていました。
北信越ブロック会長行脚 これを機会に、長野支部では未会員の学生たちからはもっと手話のこと、ろう運動のこと、それらの歴史を知りたいと声があがり、勉強会が開かれたり、入会してくれたり、という嬉しい動きもありました。
さてこうしてスタートした会長行脚ですが、次はどこの支部へ行くことになるのでしょう。
この行脚を通じて、目論見どおり各支部の会員のみなさんが、所属する北信越ブロックの活動にもっと関心をもって、いろいろな行事に参加していこうという気持ちになってくれたら、そして北信越ブロックとして集まることで、他支部の会員同士の交流も深まっていけばいいな~と思います。(あまい!?)

北信越手話通訳問題研究集会

ろうあ者とさらに交流を広め・深めるために、北信越ろうあ連盟主催の「北信越ろうあ者大会」と共催の形で毎年開催している、 新潟支部マスコット「コシヒカリ君」 北信越手話通訳問題研究集会ですが、2019年度は10月5、6日に新潟県長岡市で開催されます。現在、地元新通研のみなさんが、充実した集会にしようと企画、その他準備に奔走してくださっています。お楽しみに!!
新潟支部マスコット「コシヒカリ君」も、みなさんをお待ちしています。

支部紹介