全通研とは

入会案内・初めての方へ

「全通研(ぜんつうけん)」ってなんだろう?
全通研シンボルマーク

全通研は一般社団法人全国手話通訳問題研究会の略称です。
1974年6月に全国手話通訳問題研究会として設立しました。
全国で10,000名を超える会員がいる全国組織で、手話のこと、手話通訳のこと、そして聞こえない人々に関わるいろいろなことを、聴覚障害者の暮らしに学ぶという立場で、全日本ろうあ連盟など関係団体と連携しながら、研究し、議論し、発信し、暮らしと権利を豊かにするためのとりくみをしています。

全通研のシンボルマークは、創立20周年記念の際に公募を行い、福井支部の方のデザインが選ばれました。マークの意味は左が聴力障害者、中央が手話通訳者、右が国民(社会の人々)で「手話通訳によって聴力障害者と国民をつなぐ役割を表現した」シンボルマークとなっています。現在は、全通研マークとして商標登録しています。
全通研は全国47都道府県に支部があります。
ぜんつうけん新入会員日記 「どこにあるの?」「各都道府県に支部があります」「全国で活動してるんですね!」

全国を9ブロックにわけ、47都道府県に支部があります。各支部では地域に根付いたさまざまな活動をしています。
詳しくは、支部紹介をご覧ください。

どんな人が会員になれるの?
「いろんな職業の人たちが会員です」主婦・会社員・学生・看護師・保育士・手話通訳者 etc...

手話に関心をもったら、聞こえない人々の問題を考えてみようと思ったら、そのときから誰でも入会できます。手話を学び始めたばかりの人も手話通訳を仕事にしている人もあなたもわたしも全通研の仲間です。

どんなことをしているの?
「どんな活動をしてるのかな」・ろうあ協会との協力行事・定例学習会・機関紙の発行

支部やブロックでの活動を進めるための学習機会の確保や毎年4回の研究誌の発行、会報やニュースの発行などと情報提供にも取り組んでいます。
また、全通研では多数の書籍やDVDを出版、斡旋販売しています。

全国手話通訳問題研究集会「全国集会はスゴイ熱気!」「全国の仲間と会えたり」「新しい知識をふやせる」「わたしももっと勉強しなくちゃ!」
【全通研の主な行事】
・全国手話通訳問題研究集会~サマーフォーラム~
講座では幅広い知識を身につけ、分科会では討論を中心に研究を深めることができます。
・全通研アカデミー~全通研学校III~
毎年、全国で3箇所ずつ開催し、手話通訳や福祉、全通研の基礎理論に関わる専門知識を学びます。
・健康フォーラム(主催:手話関係者の健康を考える3団体委員会)
手話関係者の健康を考える上で、健康問題の学習や予防対策方法を学ぶことができます。
・リーダー養成講座
全通研の基本である「全通研のあゆみ」「運動」「人権」について学ぶことができます。
・N-Action合宿
次世代の会員が集まり、全通研や聴覚障害者の暮らしについて知り、学び、語り合う合宿です。

そのほかにも全国の手話や手話通訳にかかわる仲間たちの学習や交流をおこなっています。

入会のお問い合わせ 「問合せしてみよう!」

お住まいの都道府県支部、または全通研事務所にお気軽にお問い合わせください。

全通研事務所
〒602-0901
京都市上京区室町通今出川下ル北小路室町399-2 繊維会館3階 電話:075-451-4743 FAX:075-451-3281

全通研とは